ログイン
ユーザ名:
パスワード:

ユーザー名は会員No、パスワードは旧サイト会員ルームで使用していたものが初期パスワードです。

パスワードを紛失した方
携帯サイト
携帯からもアクセスできます。

http://www.gfnet.gr.jp/
modules/xmobile/

お知らせ

東北関東大地震の罹災者の方々に心からお見舞いを申し上げます。






ようこそ、緑内障フレンド・ネットワークへ!
 緑内障フレンド・ネットワーク(Glaucoma Friend Network/略称GFN)は世界緑内障患者協会(WGPA)の設立メンバーの一員として緑内障の正しい知識の普及と情報発信などの啓発を行うと共に、早期発見・早期治療の重要性を提言。会員である患者さんやご家族の心のケアを目指して活動しております。

===緑内障とは===

 眼圧(眼球内の圧力)によって視神経(網膜に映った映像を脳に送る神経)が、損傷を受け視野(物の見える範囲)が狭くなる病気の総称

 緑内障には様々な病型があり、治療法も病型によって異なります。日本緑内障学会の疫学調査によると、日本人の40歳以上では20人に1人が緑内障になっていると報告されており、この割合は高齢者になればもっと増えることになり、早期発見・早期治療の重要性が言われていますが、殆どの場合において、自覚症状が無いために、気が付いた時には視野の欠損が進行している人が見られ、治療が遅れて多くの視野を失ってしまう事もあります。

 「緑内障」という宣告を受けると、イコール失明と思う人がいますが、医学が発達した現代では、専門医の適切な治療を受け「眼圧」コントロールが上手く出来ていれば、多くの方は失明する事なく過ごせます。

 緑内障を発見する為には、眼科専門医のもと、眼圧・眼底・視野の検査を受けることが必要です。治療法は、眼圧を下げる事を目的とした眼圧下降治療で、お薬・レーザー治療・手術などが一般的です。最近では、欠損する視神経の保護にも目が向けられており、有効な治療法の1つとして、研究が行われています。
(詳細はFAQをご覧下さい。)
最新ニュース
背景色・文字サイズ
Normal
Big
Supporter
参天製薬株式会社
日本アルコン株式会社
興和創薬株式会社
科研製薬株式会社
千寿製薬株式会社
カールツァイスメディテック株式会社

以下の広告は、当会とは一切関係ありません。