ログイン
ユーザ名:
パスワード:

ユーザー名は会員No、パスワードは旧サイト会員ルームで使用していたものが初期パスワードです。

パスワードを紛失した方

ニュース

イベント情報 : 第26回日本緑内障学会「市民公開講座」が開催されます。

投稿日時:2015-6-29 21:20:00

テーマ  「緑内障 Q&A」あなたの疑問に答えます

日時   2015年9月13日(日)
      14:00〜15:00(開場13:30)

会場   ウィンクあいち 大ホール
      〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38

申込締切日 2015年8月24日(月)

定員  800名

内容  この市民公開講座は、参加申し込みの際に書かれた
     ご質問・ご意見をもとに構成されます。
     緑内障のエキスパートが、講演のあと、
     皆さんが日頃抱いている緑内障の疑問にお答えします。

講師  岐阜大学眼科 教授/日本緑内障学会 理事長 山本 哲也先生
司会  たじみ岩瀬眼科 院長  岩瀬 愛子先生

入場無料

主催  日本緑内障学会
後援  緑内障フレンド・ネットワーク、愛知県

---お申込み方法---
● 入場は無料です。申込用紙に必要事項をご記入の上、
 お申込みFAX番号 0572-26-8566 に送信ください。
● 申込用紙はお一人様1枚でご記入ください。
 複数人の場合、それぞれ別の用紙でお申込みください。
● 先着順に受け付けます。入場券をかねた通知ハガキは
 8月下旬にお送りします。
 当日忘れずにご持参ください。
● 定員(800名)に達しましたら、申込締切日(8月24日)前でも
 締め切らせていただきます。
● 申込用紙は、第26回日本緑内障学会HPからダウンロードもできます。
  
 
---お申込みに関してのお問合せ先---
【第26回日本緑内障学会・市民公開講座 運営事務局】
TEL/FAX : 0572-24-5505
E-mail  : jgs2015nagoya@spa.nifty.com


20150913_aichi.pdf














◆◆緑内障のこと、市民公開講座で学びましょう◆◆

緑内障は、日本における中途失明原因の第一位の目の病気で、40歳以上のおよそ20人に1人が罹っていることがわかっています。
 しかし緑内障になったら、必ず失明してしまう訳ではなく、できるだけ早くに発見し、治療をきちんと行えば、進行を遅らせることができ、生涯困らないような生活をすることも可能になってきています。
 緑内障において大切なことは、目の定期的な検査による「早期発見」と、緑内障とわかった場合に、きちんと治療に取り組み、続けていくことです。

 この市民公開講座は、そのような緑内障のことを一人でも多くの方に知って頂くため、日本緑内障学会が、年2回(世界緑内障週間と日本緑内障学会の会議中)行っています。

前へ - 次へ 印刷用ページ このニュースを友達に送る
背景色・文字サイズ
Normal
Big
Supporter
参天製薬株式会社
日本アルコン株式会社
興和創薬株式会社
科研製薬株式会社
千寿製薬株式会社
カールツァイスメディテック株式会社

以下の広告は、当会とは一切関係ありません。