ログイン
ユーザ名:
パスワード:

ユーザー名は会員No、パスワードは旧サイト会員ルームで使用していたものが初期パスワードです。

パスワードを紛失した方
お知らせ

東北関東大地震の罹災者の方々に心からお見舞いを申し上げます。



ニュース

出版・放映情報 : ■緑内障診断、ゴーグル型の視野検査装置で簡易に早期発見 関西大などが開発

投稿日時:2017-2-2 14:20:12

視神経が傷付いて視野が徐々に欠ける目の病気で、失明原因として国内最多の「緑内障」を簡易に診断できるゴーグル型の視野検査装置を、関西大学と大阪医科大学などの研究チームが開発しました。
 4月から診療現場などで検証を始め、2018年秋の製品化を目指します。会社などの健康診断の場でも使え、早期発見につながると期待されます。
 視野欠損の有無は一般的に、専用の暗室を備えた眼科で、視野測定装置に顔を固定して診断する必要があります。このため、健康診断などで患者を見分ける検査はほとんど行われず、治療が遅れる原因にもなっていました。
 関西大学の小谷賢太郎教授(生体情報工学)らは、目の前に暗室を再現できるゴーグル型ディスプレーに着目。眼球の動きをとらえるセンサーと組み合わせ、画面に現れる灰色の光点を左右の目で各5分ずつ、約60回追うだけで、視野欠損の有無や位置を精度よく検出できる小型の装置を開発しました。



健康創造塾

前へ - 次へ 印刷用ページ このニュースを友達に送る
背景色・文字サイズ
Normal
Big
Supporter
参天製薬株式会社
日本アルコン株式会社
興和創薬株式会社
科研製薬株式会社
千寿製薬株式会社
カールツァイスメディテック株式会社

以下の広告は、当会とは一切関係ありません。