ログイン
ユーザ名:
パスワード:

ユーザー名は会員No、パスワードは旧サイト会員ルームで使用していたものが初期パスワードです。

パスワードを紛失した方

ニュース


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 97 »

出版・放映情報 : 緑内障治療剤「H -1129」の海外における オプションライセンス契約締結のお知らせ

投稿日時:2017-2-3 12:00:00

当社が創製した「H -1129」につき、国内の医薬品事業会社( 以下、「当事業会社」)
に対して、緑内障等の領域の日本を除く全世界を対象とする独占的開発権・販売権を付与するオプションライセンス契約( 以下、「本オプション契約」)を締結することを本日決議しましたので、お知らせいたします。
本オプション契約の締結により、当事業会社は、「H -1129」に関する緑内障等を適応症とし、日本を除く全世界において独占的に「H -1 129」を利用する前提で、その価値を一定期間評価検討する権利を得ることになります。
当社は、当事業会社がオプション権を行使( または放棄)するまでの期間、一定額のオプション料を受領いたします。
更に、本オプション権が行使された際には、契約一時金並びに開発及び販売の進捗に応じたマイルストーンフィーを受領し、その総額は最大73 億円となる可能性があります。また、製品の販売後は、販売高に応じたロイヤリティを受領いたします。
なお、当事業会社の会社名及び本契約に係る財務条件につきましては守秘義務上、非開示となります。



tyn-imarket.com

出版・放映情報 : ■緑内障診断、ゴーグル型の視野検査装置で簡易に早期発見 関西大などが開発

投稿日時:2017-2-2 14:20:12

視神経が傷付いて視野が徐々に欠ける目の病気で、失明原因として国内最多の「緑内障」を簡易に診断できるゴーグル型の視野検査装置を、関西大学と大阪医科大学などの研究チームが開発しました。
 4月から診療現場などで検証を始め、2018年秋の製品化を目指します。会社などの健康診断の場でも使え、早期発見につながると期待されます。
 視野欠損の有無は一般的に、専用の暗室を備えた眼科で、視野測定装置に顔を固定して診断する必要があります。このため、健康診断などで患者を見分ける検査はほとんど行われず、治療が遅れる原因にもなっていました。
 関西大学の小谷賢太郎教授(生体情報工学)らは、目の前に暗室を再現できるゴーグル型ディスプレーに着目。眼球の動きをとらえるセンサーと組み合わせ、画面に現れる灰色の光点を左右の目で各5分ずつ、約60回追うだけで、視野欠損の有無や位置を精度よく検出できる小型の装置を開発しました。



健康創造塾

GFNからのお知らせ : ライトアップinグリーン運動 展開

投稿日時:2017-1-27 16:30:00

3月12日〜18日は「世界緑内障週間」

〜早期発見、継続治療で緑内障による失明を減らそう〜
「ライトアップinグリーン運動」を展開

新規参加地域が増加!! 全国30都市40ヵ所に拡大

北海道から沖縄まで、各地のランドマークを、緑内障のシンボルカラーのグリーンで、ライトアップ!!


 日本緑内障学会「世界緑内障週間 ライトアップinグリーン実行委員会」(委員長:日本緑内障学会理事 桑山泰明)は、緑内障の認知と啓発に向けて、各地のランドマークをグリーンにライトアップする「ライトアップinグリーン運動」を、世界緑内障週間(3月12日〜18日)に合わせて展開いたします。

 超高齢社会の日本では、加齢とともに白内障、緑内障、加齢黄斑変性症など様々な目の疾患に罹る方が増えています。
 中でも、40歳以上の20人に1人が罹患しているとされる緑内障(※1)は、日本人の中途失明原因疾患の第1位となっています。
 その一方で、近年の緑内障の診断技術や治療法の進歩により、早期に発見し治療を継続すれば緑内障により失明に至る可能性は大幅に減ってきています。
 しかしながら、緑内障は初期の自覚症状が極めて少ないため、気づいた時には進行していたという場合もまだまだ多くみられます。
 従って、緑内障による中途失明を減らすためには、緑内障について知っていただき、定期的な眼の検診を促す啓発活動が極めて重要となります。

 「世界緑内障週間(※2)」は、2008年から世界緑内障連盟(World Glaucoma Association)と世界緑内障患者連盟(World Glaucoma Patients Association)が主体となって世界一斉に行われている緑内障啓発のための国際的なイベントです。
 今年の世界緑内障週間は3月12日(日)〜18日(土)の1週間にわたり、世界中で様々なイベントや啓発運動が同時に行われます。

 日本ではこの期間、日本緑内障学会が緑内障への関心喚起を目的として、これまで様々な啓発活動を行ってきました。
 2015年からは、ランドマークを「緑内障」にちなんでグリーンにライトアップする「ライトアップinグリーン運動」を開始しました。2015年は全国5箇所のライトアップでスタートしましたが、2016年は全国20箇所、そして2017年は全国40箇所と運動の輪はどんどん広がっています。

 「世界緑内障週間 ライトアップinグリーン実行委員会」では、城やタワー、高層ビルなど各地のランドマークをグリーンにライトアップする活動を通して、より多くの人に緑内障という眼の疾患に関心を持っていただくことで、早期発見そして失明予防につながることを願うものです。
 ご理解ご協力のほどをよろしくお願い致します。


「ライトアップin グリーン運動」の詳細につきましては
こちら>>をご参照ください。(PDFが開きます。)


※1 日本緑内障学会多治見緑内障疫学調査(通称:多治見スタディ)  
   主体:日本緑内障学会・多治見市
   実施期間:平成12年9月〜13年10月
   http://www.ryokunaisho.jp/general/ekigaku/tajimi.html
※2 World Glaucoma Week http://www.wgweek.net/















続き... | 残り9395バイト

出版・放映情報 : カルテオロール塩酸塩とラタノプロストの2つの有効成分を配合

投稿日時:2017-1-13 13:54:20
出版・放映情報

大塚製薬株式会社は1月11日、緑内障・高眼圧症治療の新配合点眼液「ミケルナ(R)配合点眼液」を発売した。販売については、千寿製薬株式会社と共同販促(コ・プロモーション)を実施するとしている。

同剤は、同社が独自に創製した非選択性β遮断薬のカルテオロール塩酸塩と、プロスタグランジン関連薬であるラタノプロストの2つの有効成分を配合した点眼液。カルテオロール塩酸塩の眼圧下降作用の持続化剤であるアルギン酸も配合している。

カルテオロール塩酸塩は、毛様体上皮における房水産生を抑制することで眼圧を下降させる作用がある。もうひとつの有効成分であるラタノプロストは、プロスタノイドFP受容体の活性化によるぶどう膜強膜からの房水流出を促進する作用を持ち、1日1回点眼という利便性の良さから、緑内障・高眼圧症治療薬として現在最も使用されている。

QLife Pro

出版・放映情報 : 進歩続く緑内障の治療

投稿日時:2016-12-28 10:59:44

 毎年12月にはノーベル賞の授賞式が行われますが、その成果は私たちの未来に希望を与えてくれます。過去にはノーベル賞を受賞した西欧の眼科医もいました。

 彼らを含めた多くの医師の業績により、20世紀には、現在の手術法の基礎となるさまざまな術式が確立されました。緑内障の手術もその1つであり、以前は失明を免れなかった急性緑内障も手術で安定する例も出てきました。

 緑内障は、眼圧の上昇により視神経が傷つく病気です。眼内を循環する房水(ぼうすい)と呼ばれる体液が増えることで眼圧が上昇するので、房水を永続的に眼外へ導き出す手術法が考案されました。

 房水の出口の隅角(ぐうかく)には、線維柱帯(せんいちゅうたい)と呼ばれるフィルターがあります。この部分を一部開放することでも眼圧は下がります。さらに多くの房水を排出させる必要がある場合は、眼外に出すための穴をあけます。ただ、手術した部分から細菌が入り、感染する恐れもあるため、隅角から白目(結膜)の下まで、トンネル状にした穴を通して、房水を流し、血管に吸収させる方法が開発されました。

 その後も、さまざまな改良が施され、現在の成功率は9割近くに達しています。それでも再発する場合には、眼内にチューブを入れて、房水を眼外に導き出す手術もできるようになりました。緑内障の治療も進歩し続けています。 (名古屋医療センター眼科医長)

中日新聞

« 1 2 (3) 4 5 6 ... 97 »
背景色・文字サイズ
Normal
Big
Supporter
参天製薬株式会社
日本アルコン株式会社
興和創薬株式会社
科研製薬株式会社
千寿製薬株式会社
カールツァイスメディテック株式会社

以下の広告は、当会とは一切関係ありません。