ログイン
ユーザ名:
パスワード:

ユーザー名は会員No、パスワードは旧サイト会員ルームで使用していたものが初期パスワードです。

パスワードを紛失した方

ニュース


(1) 2 3 4 ... 19 »

GFNからのお知らせ : 当会のfacebookページ開設のお知らせ

投稿日時:2018-1-30 21:30:02

この度、緑内障フレンド・ネットワークのfacebookページを開設いたしました。
ホームページよりも小まめな更新が可能となります。活動報告や行事の告知などを中心に発信してまいりますので、ぜひご覧になってください。

一般社団法人)緑内障フレンド・ネットワーク
https://www.facebook.com/ryokunaisho.friend.network/

facebookに登録をしていない方でも閲覧いただけます。
※登録を促す画面が出ますが、『後で』を選択ください。

GFNからのお知らせ : 緑内障ホットライン開催のおしらせ

投稿日時:2017-9-24 14:32:02

 緑内障フレンド・ネットワークでは、下記の通り『緑内障ホットライン(緑内障電話相談)』を開催いたします。

 当会の患者会員が相談員となり、緑内障患者さんの悩みやご不安を電話でお伺いいたします。

『緑内障になった不安を、同じ病気の人に聞いて欲しい』、『同じような経験をした人の話を聞きたい』という気持ちをお持ちの方はたくさんいらっしゃるでしょう。お話をして、患者同士で悩みや体験を共有する事で、皆さまが緑内障に向き合うための力になれば幸いです。お気軽にお電話ください。

■開催日: 平成29年10月12日(木)〜15日(日)
■開催時間: 10時〜15時(時間内無休)
■電話番号: 03−3272−6971

※相談員は緑内障患者であり、医療関係者ではありません。個々の診断や治療に関してはお答えできませんのでご了承ください。。
※病院・医師の紹介は行っておりません。
 ホットラインご案内2017用.pdf

GFNからのお知らせ : 第28回日本緑内障学会 市民公開講座が開催されます

投稿日時:2017-9-16 20:00:00
GFNからのお知らせ

第28回日本緑内障学会にともない、広島で市民公開講座が開かれます。

■開催日時 平成29年10月1日(日)14:30〜15:30(開場:14時)

■会場 広島県民文化センター 多目的ホール

■入場料 無料

■定員 500名 ※事前申込要

■テーマ 高齢化社会のヘルスケア

 第一部 高齢化社会をむかえた眼の病気 
     講師 木内良明先生(広島大学眼科学教室教授)

 第二部 高齢化社会をむかえた日本の未来
     講師 弘兼憲史先生 (漫画家)

★参加申込はWeb上で受け付けています。下記URLからお申込ください。
 ↓
 http://jgs2017.jp/citizen/

★問合先
 第28 回日本緑内障学会 運営事務局
  〒730-0031 広島県広島市中区紙屋町2-2-2
 JTB中国四国 広島支店 法人営業部営業第4課 内
 TEL:082-236-3733 FAX:082-542-2738
 メール:ryokunaisho@cs.jtb.jp


 市民公開講座:広島.pdf

GFNからのお知らせ : ライトアップinグリーン運動 展開

投稿日時:2017-1-27 16:30:00

3月12日〜18日は「世界緑内障週間」

〜早期発見、継続治療で緑内障による失明を減らそう〜
「ライトアップinグリーン運動」を展開

新規参加地域が増加!! 全国30都市40ヵ所に拡大

北海道から沖縄まで、各地のランドマークを、緑内障のシンボルカラーのグリーンで、ライトアップ!!


 日本緑内障学会「世界緑内障週間 ライトアップinグリーン実行委員会」(委員長:日本緑内障学会理事 桑山泰明)は、緑内障の認知と啓発に向けて、各地のランドマークをグリーンにライトアップする「ライトアップinグリーン運動」を、世界緑内障週間(3月12日〜18日)に合わせて展開いたします。

 超高齢社会の日本では、加齢とともに白内障、緑内障、加齢黄斑変性症など様々な目の疾患に罹る方が増えています。
 中でも、40歳以上の20人に1人が罹患しているとされる緑内障(※1)は、日本人の中途失明原因疾患の第1位となっています。
 その一方で、近年の緑内障の診断技術や治療法の進歩により、早期に発見し治療を継続すれば緑内障により失明に至る可能性は大幅に減ってきています。
 しかしながら、緑内障は初期の自覚症状が極めて少ないため、気づいた時には進行していたという場合もまだまだ多くみられます。
 従って、緑内障による中途失明を減らすためには、緑内障について知っていただき、定期的な眼の検診を促す啓発活動が極めて重要となります。

 「世界緑内障週間(※2)」は、2008年から世界緑内障連盟(World Glaucoma Association)と世界緑内障患者連盟(World Glaucoma Patients Association)が主体となって世界一斉に行われている緑内障啓発のための国際的なイベントです。
 今年の世界緑内障週間は3月12日(日)〜18日(土)の1週間にわたり、世界中で様々なイベントや啓発運動が同時に行われます。

 日本ではこの期間、日本緑内障学会が緑内障への関心喚起を目的として、これまで様々な啓発活動を行ってきました。
 2015年からは、ランドマークを「緑内障」にちなんでグリーンにライトアップする「ライトアップinグリーン運動」を開始しました。2015年は全国5箇所のライトアップでスタートしましたが、2016年は全国20箇所、そして2017年は全国40箇所と運動の輪はどんどん広がっています。

 「世界緑内障週間 ライトアップinグリーン実行委員会」では、城やタワー、高層ビルなど各地のランドマークをグリーンにライトアップする活動を通して、より多くの人に緑内障という眼の疾患に関心を持っていただくことで、早期発見そして失明予防につながることを願うものです。
 ご理解ご協力のほどをよろしくお願い致します。


「ライトアップin グリーン運動」の詳細につきましては
こちら>>をご参照ください。(PDFが開きます。)


※1 日本緑内障学会多治見緑内障疫学調査(通称:多治見スタディ)  
   主体:日本緑内障学会・多治見市
   実施期間:平成12年9月〜13年10月
   http://www.ryokunaisho.jp/general/ekigaku/tajimi.html
※2 World Glaucoma Week http://www.wgweek.net/















続き... | 残り9395バイト

GFNからのお知らせ : NHK Eテレで緑内障に関する放映があります。

投稿日時:2016-11-21 11:10:00

12月10日(土)20時からNHKのEテレ「チョイス・病気になった時」で緑内障がとりあげらます。 
当会の会員さんも出演いたしますので、是非ご覧ください。


(1) 2 3 4 ... 19 »
背景色・文字サイズ
Normal
Big
Supporter
参天製薬株式会社
日本アルコン株式会社
興和創薬株式会社
科研製薬株式会社
千寿製薬株式会社
カールツァイスメディテック株式会社

以下の広告は、当会とは一切関係ありません。