中国の職業病の種類、半世紀で8倍に

掲載日 2007-10-13 17:45:44 | トピック: 出版・放映情報

北京での最近の調査によると、ディスプレイに向かったり、現代的なインテリジェントオフィスで働く人の増加にともない、日常的にパソコンを使用する人の60〜70%が視力低下、70〜80%が眼精疲労の症状を示しており、緑内障を誘発するおそれすら指摘されている。

北京週報 日本語版


緑内障フレンド・ネットワークにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://xoops.gfnet.gr.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://xoops.gfnet.gr.jp/modules/news/article.php?storyid=103