緑内障関与の遺伝子特定 北大の医師ら 原因解明に弾み

掲載日 2010-3-7 7:06:32 | トピック: 出版・放映情報

中途失明の原因として最も多い緑内障について、北大大学院研究員の藤川恵子医師らの研究グループは、緑内障の発症に関与する遺伝子を初めて特定した。緑内障の詳しい原因や発症メカニズムは分かっていないが、研究グループはメカニズムの解明や新薬開発につながることが期待できるとしている。



どうしんウェブ 北海道新聞



緑内障フレンド・ネットワークにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://xoops.gfnet.gr.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://xoops.gfnet.gr.jp/modules/news/article.php?storyid=234