緑内障治療配合剤で治療効果アップに期待

掲載日 2010-3-19 16:14:31 | トピック: 出版・放映情報

岐阜大大学院医学系研究科眼科学の山本哲也教授は3月16日、ファイザーの国内初の緑内障治療配合剤ザラカムの承認取得後の記者発表会で講演し、配合剤の登場によって患者の薬物コンプライアンスの改善につながり、治療効果が高まるとの期待感を示す一方で、配合されている2成分それぞれの副作用が発現する恐れがあることなどに注意が必要との見解を示した。


CB news


緑内障フレンド・ネットワークにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://xoops.gfnet.gr.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://xoops.gfnet.gr.jp/modules/news/article.php?storyid=237