大塚製薬 と 米国Acucela社 緑内障治療薬として開発する新規化合物 「OPA-6566」の共同開発・共同販売契約を締結

掲載日 2010-9-28 7:45:34 | トピック: 出版・放映情報

大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本太郎、以下「大塚製薬」)とAcucela Inc. (本社:米国ワシントン州シアトル市、CEO:窪田良、以下「Acucela社」)は、大塚製薬が創製し、緑内障の治療薬として開発中のアデノシンA2a受容体アゴニスト「OPA-6566」に関し、米国における共同開発・共同販売契約を9月24日に締結しました。


大塚製薬 ニュースリリース


緑内障フレンド・ネットワークにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://xoops.gfnet.gr.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://xoops.gfnet.gr.jp/modules/news/article.php?storyid=265