【ISSCC 2011】ミリメートル大の「オールインワン・コンピュータ」が登場

掲載日 2011-2-25 9:00:23 | トピック: 出版・放映情報

EE Times Japan
同大学は今回、緑内障患者の眼球に埋め込む用途を想定し、ミリメートル大のオールインワン・コンピュータを設計した。同大学の研究チームによると、このコンピュータは他にも、無線センサーネットワークやリモート監視などに使えるという。 同大学で教授を務めるDennis ...

EETIMES Japan


緑内障フレンド・ネットワークにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://xoops.gfnet.gr.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://xoops.gfnet.gr.jp/modules/news/article.php?storyid=282