後発薬 進まぬ普及

掲載日 2011-7-8 9:00:39 | トピック: 出版・放映情報

「政府12年度目標」30%困難に  周知不足や品質懸念

 厚生労働省が医療費抑制策の柱と位置付けている後発医薬品の普及が進まず、2012年度に30%としている政府目標の達成が難しくなってきた。
 医師や患者の認知度が高まらず、品質不安の払拭も進んでいないことが主因だ。
一段の普及を促すには、新たな工夫が必要となる。

7月8日 日本経済新聞 朝刊 4面





緑内障フレンド・ネットワークにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://xoops.gfnet.gr.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://xoops.gfnet.gr.jp/modules/news/article.php?storyid=291