緑内障治療薬に新たな候補正常眼圧タイプへの応用に期待カルパイン阻害剤

掲載日 2013-3-28 9:46:49 | トピック: 出版・放映情報

 日本人の中途失明原因の第1位は、視神経と網膜の細胞が進行性に死滅し徐々に視野が欠ける「緑内障」という眼病。40代の20人に1人が患っていると推定される。眼の中の圧力(眼圧)が高いことが主要な発症原因とされるが、日本では眼圧が10〜21mmHgの正常範囲でも視野欠損が進む「正常眼圧緑内障」が全体の70%を占める。人種差や近視が関係しているらしいものの、因果は依然不明のままだ

週刊ダイヤモンド


緑内障フレンド・ネットワークにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://xoops.gfnet.gr.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://xoops.gfnet.gr.jp/modules/news/article.php?storyid=387