ログイン
ユーザ名:
パスワード:

ユーザー名は会員No、パスワードは旧サイト会員ルームで使用していたものが初期パスワードです。

パスワードを紛失した方
お知らせ

東北関東大地震の罹災者の方々に心からお見舞いを申し上げます。



FAQ(よくある質問とその回答)

メインページ »» 緑内障についての解説

目次:緑内障についての解説


緑内障という名前の由来は?
 古代ギリシャのヒポクラテスが「目が地中海の海の色のように青くなり、やがて失明 状態になる」と記述しているところに由来しています。日本語では別名「あおそこひ」とも呼ばれていますが、日本人の場合は緑内障になっても瞳が青く見えることはほとんどありません。
緑内障とはどのような病気なのですか?
 視神経(見たものを脳へ送る目の神経)が眼圧(眼球内の圧力)が高くなるなどの原因で損傷を受け、治療せずにそのまま放置しておくと徐々に視野が狭くなっていき(視野狭窄)、やがて失明してしまうこともある危険な病気です。
  緑内障は「目の成人病」といわれるほど中高年の方に多く、中途失明する原因の上 位を占めています。しかし、緑内障の初期の段階では自覚症状がほとんどないために、気づかないまま放置してしまう方がたくさんいらっしゃいます。 視野がかなり狭くなってくる緑内障の中期段階にいたっても、多くの方が、きっと 老眼や白内障だろう、といったように思い込んでしまうのも、早期発見のさまたげとなっているようです。そのため、自覚症状がなくても定期的に眼科検診を受けていただくのが、緑内障においてはもっとも重要な対処法といえます。
房水図” width=
緑内障は治る病気ですか?
 一度損傷を受けた視神経は、治療をしても元には戻りません。現在行われているおも な治療は、視野狭窄の進行を遅らせるための治療で、残念ながら根本的に視野を回復させる治療法はまだみつかっていません。
 そのため緑内障では、初期の段階での早期発見、そして早期の治療が求められます。早期に緑内障を発見するためには、定期的な眼圧や眼底の検査、視野検査を受けていただくのが最善の方法です(これらの検査を受けることで、緑内障であるかどうかを診断することができます)。
緑内障患者はどれくらいいるのでしょうか?
 緑内障患者さんのほとんどは40歳以上で、日本国内では、20人に1人の割合で発症 していると考えられています。初期・中期段階になっても、自覚症状がないまま治療を受けていないという潜在的な患者さんを含めると、その数は全国でおよそ500万人と推定されています。 にもかかわらず、緑内障は自覚症状がほとんど現れないため、実際に治療を受けてい る患者さんの数は非常に少ないのが現状です。
 つまり、緑内障患者さんの多くは、治療を受けないまま病気を放置している、潜在的な緑内障患者さんといえるのです。

お大事に.
緑内障にはどのような種類のものがあるのですか?
緑内障には症状によっていくつかの種類があります。
急激に起こる緑内障
(原発閉塞隅角緑内障)
 発作的に目の激しい痛みや頭痛、吐き気や嘔吐などの症状とともに突然襲ってくる急性の緑内障です。 これは房水*の出口(隅角)がふさがれてしまうために、眼圧が急激に高くなってしまう症状です。この急性の緑内障で激しい頭痛などが起きると、違う病気だと思い込んで治療が遅れてしまい、失明してしまうケースもありますので、自分で判断せずに、病院で詳しく症状を説明するなど注意が必要です。
  また、軽い頭痛や目の痛み、虹視症(電灯の周りに虹のような輪が見える症状)などの前触れのある人もいますので、そうした症状が出たら早めに眼科の診察を受けてください。
ゆっくりと進行する緑内障
(原発開放隅角緑内障)
 房水の出口(隅角)は開いていますが、その先の排水路(シュレム管)が詰まってしまい、房水がうまく流れなくなるために、眼圧が高くなります。はじめのうちはほとんど自覚症状がありませんが、何年もかかってゆっくりと進行していく慢性の緑内障です。
眼圧の高くない緑内障
( 正常眼圧緑内障)
 房水の出口(隅角)は開いていて、眼圧も正常範囲(15mmHg前後)であるにもかかわらず、視神経が損傷を受けてしまっている、というタイプの緑内障です。眼圧も正常で自覚症状もないために、気づかずに放置されている場合が多く、特に注意が必要です。この正常眼圧緑内障は、現在もっとも多いタイプであるといわれています。

これら慢性の緑内障は、初期段階では自覚症状がほとんどないため気づかずに、ものが見えにくくなるなどの自覚症状が現われたときには、すでにかなり進行した緑内障だったというケースも少なくありません。そのような事態を防ぐためにも、視野に異常を 感じるようなことがあったらすぐに、またそのような症状が出ていなくても40歳を過ぎた方、血縁に緑内障の人がいる方は、定期的に眼科で検診(緑内障の検査)を受けるよう心がけてください。
その他の緑内障
他に、外傷や他の病気、薬剤などによって眼圧が高くなるタイプの緑内障や、先天的な緑内障もあります。

*房水
目の中を循環しながら、角膜や水晶体に必要な栄養分を運んでいる液体のことです。房水は、毛様体というところでつくられて、隅角を通過し、やがてシュレム管から排出されます。この房水の流れがスムーズである限り、眼圧は一定に保たれています。

房水図” width=
緑内障に自覚症状はありますか?
日本人に非常に多い、眼圧(眼球内の圧力)が高くならない正常眼圧緑内障などの慢 性の緑内障では、視野狭窄の症状がほとんどなく、ゆっくりと進行していくため、視野の欠損が大きくなるまで自覚できないためです。
視野が欠けていく様子をあらわしたのが下記の図です。
房水図” width=
緑内障は遺伝するのですか?
緑内障は遺伝性が高いと考えられています。身内に緑内障の人がいる場合には、発 症する可能性が高いといわれており、若いうちに発症する緑内障の場合は、その遺伝子がどういったものなのか突き止められています。そのような研究が進むなかで、すでに緑内障の遺伝子治療に向けた取り組みも始まっています。


[ メインページ ]
背景色・文字サイズ
Normal
Big
Supporter
参天製薬株式会社
日本アルコン株式会社
興和創薬株式会社
科研製薬株式会社
千寿製薬株式会社
カールツァイスメディテック株式会社

以下の広告は、当会とは一切関係ありません。